top of page

【連載】自由が丘クリニック恵理ドクターの美容医療コラム VOL.11 最終号(2023.3)骨盤底筋群 鍛えて健康的に

更新日:2023年4月14日


専門医が教える美容コラム(全11回)

今回が最終号となります。

 

【連載】自由が丘クリニック恵理ドクターの美容医療コラム VOL.11 最終号(2023.3)骨盤底筋群 鍛えて健康的に


やかな老化を叶える美容医療

3月、ついに年度末ですね。今回で、このASA自由が丘での連載も最終回になりました。1年間お付き合いいただき、ありがとうございました。

最終回はアンチエイジングとの向き合い方について、医学的にお話ししていきたいと思います


医学の発展に伴い、人間の寿命は遥かに長くなりました。そし影響が現れることは、誰もがご存知の通りです。しかし、この部分の長さと関連する可能性が示唆されています。テロメアは加齢により短縮とも呼ばれています。70歳以上の1826人の双子を対象としたこの調査では、実年齢、性別、環境を調整した後でも、見た目年齢は生存率と深く関連した事がわかっています。さらに、この双子のペア内の見た目年齢の不一致が大きくなるにつれ、年上に見える方の双子が最初に死亡する可能性が高くなりました。DNA配列が同じ双子でも、見た目年齢と関連して、余命が異なるというのは大変興味深い結果です。この見た目老化に大きく影響する因子としては、紫外線暴露期間、肥満(40才以下では痩せている方が見た目年齢が若く、40歳を超えると逆になる)、喫煙、精神状態などがあげられます。

また、老化は骨や筋肉、血管など直接見えない体の全ての部分でも生じていきます。その中で、アンチエイジング的に、最近特に注目されているのが、『骨盤底筋群』。骨盤底筋群は、女性の場合、子宮、膣、膀胱、尿道、直腸といったデリケートな臓器を支える重要な筋肉のことです。男性の場合、膀胱や腸を支え、性的な機能にも関係しています

この部分は、スポーツジムに行ってもなかなか鍛えづらい部分でしたが、最近は、医療機関で手軽に鍛えることが可能になり、この方法が広く普及しつつあります。医療機関で鍛える(治療する)方法は、服を着たまま椅子に座るだけなので、とても簡単。電気刺激(EMS)と違い、磁気パルスを使用し、身体内部で電気信号を発生させるので、衣類、皮膚、骨などに影響はなく、体に負担を与えずにインナーマッスルを刺激することができます。また、陰部神経や仙骨神経などの神経系にも作用するので、排尿をつかさどる膀胱利尿筋肉の異常収縮を改善できます