top of page

【連載】自由が丘クリニック恵理ドクターの美容医療コラム VOL.10(2023.2)早めが肝心 花粉症の対策

更新日:2023年4月14日


専門医が教える美容コラム(全11回)

 

【連載】自由が丘クリニック恵理ドクターの美容医療コラム VOL.10(2023.2)早めが肝心 花粉症の対策


水が出る仕組みと花粉症対策

春もすぐそこ。桜も待ち遠しくワクワクする季節ですが、本格的にスギ花粉が飛び始める2月には、毎年、花粉症の方がつらそうに来院されます。

さて、花粉症にボツリヌス毒素A型(ボトックス)が効くと、聞いたことはありませんか。シワの治療に使われる、あの、ボトックスです


そもそも、鼻水はなぜ生じるのでしょうか。鼻水の役割は、鼻の中に入ってきた埃や花粉、ウイルスなどの異物を排除することです。粘膜の表面にある細胞には、細い毛のような線毛がびっしりと生えており、普段から鼻水に覆われています。そこに異物がつくと、線毛の運動によって、ベルトコンベアーのように鼻水ごと、鼻の奥へと運ばれていきます。その移動速度は1分間に5-10mm程度と言われています。通常はこれが喉に流れていく作業が、意識せず行われていますが、風邪や花粉症になると粘膜で大量の鼻水が作られるため、線毛で処理しきれない鼻水がズルズルと鼻の前方にも流れてくることになるのです。

鼻水の量を支配するのが、主に自律神経です。花粉などの異物が鼻粘膜につくと、その刺激が脳に伝わります。


脳は異物を排除しようとして、自律神経を通じて鼻水を作らせる指令を出します。なので、薬によってこの神経の情報伝達を阻止することで症状を改善できるという仕組みになっています。実際の方法としては、鼻の中にボトックスを点鼻するだけ。針のついていない注射器でボトックスを鼻の中に垂らし、鼻粘膜に浸透させるだけなので簡単です。そして、飲み薬のような眠気が出ないのも人気の理由です。