top of page

【連載】flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム VOL.4(2023.7)夏の思い出

更新日:2023年7月21日


奥自由が丘の小さな花屋「flower y's style」がお届けするコラム。

〜 flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム 〜

折込みチラシ限定でクーポン情報掲載!ご購読者は折込みチラシをチェック!
 

【新連載】flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム VOL.1 (2023.4)花選びは香り選び

の思い出

こんにちは。flower y’s styleの岡山です。みなさまお元気ですか?

今日から7月。夏が来ましたね!私は7月生まれだからか、夏が大好き。

幼い頃、夏休みになると山の祖父母の家に長い間泊りに行っていた。

祖父母の家は商店、旅館、カメラの現像や理髪店もしていて、いつも人の出入りがあり「あらっ!よっこちゃん、帰って来とんやなあ。(帰って来てるんだね)」と近所の方によく声をかけてもらっていた。

じいちゃんばあちゃんも山の家も好きだけど、同世代の友達も居ないし、1ヶ月離れる事もあり少し寂しかった。そんな私の気持ちが漏れていたのか、祖父母もご近所のじいちゃんばあちゃんも、みな総出で構ってくれていたように思う。


昼過ぎになると商店の奥にある台所で、ばあちゃんが夕飯の下ごしらえをはじめる。

その様子を見るのが好きだった。

「よっこちゃん、裏の畑で【なんば】(トウモロコシ)取って来てみ」と、ばあちゃん。

抱えきれないくらい摘んで来ると、それを茹でておやつにしてくれた。

『トウモロコシの髭の量は粒の数』という事もばあちゃんから教わった。


山ではレ