top of page
検索

【連載】flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム VOL.4(2023.7)夏の思い出

更新日:2023年7月21日


奥自由が丘の小さな花屋「flower y's style」がお届けするコラム。

〜 flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム 〜

折込みチラシ限定でクーポン情報掲載!ご購読者は折込みチラシをチェック!
 

【新連載】flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム VOL.1 (2023.4)花選びは香り選び

の思い出

こんにちは。flower y’s styleの岡山です。みなさまお元気ですか?

今日から7月。夏が来ましたね!私は7月生まれだからか、夏が大好き。

幼い頃、夏休みになると山の祖父母の家に長い間泊りに行っていた。

祖父母の家は商店、旅館、カメラの現像や理髪店もしていて、いつも人の出入りがあり「あらっ!よっこちゃん、帰って来とんやなあ。(帰って来てるんだね)」と近所の方によく声をかけてもらっていた。

じいちゃんばあちゃんも山の家も好きだけど、同世代の友達も居ないし、1ヶ月離れる事もあり少し寂しかった。そんな私の気持ちが漏れていたのか、祖父母もご近所のじいちゃんばあちゃんも、みな総出で構ってくれていたように思う。


昼過ぎになると商店の奥にある台所で、ばあちゃんが夕飯の下ごしらえをはじめる。

その様子を見るのが好きだった。

「よっこちゃん、裏の畑で【なんば】(トウモロコシ)取って来てみ」と、ばあちゃん。

抱えきれないくらい摘んで来ると、それを茹でておやつにしてくれた。

『トウモロコシの髭の量は粒の数』という事もばあちゃんから教わった。


山ではレジャー要素がある施設は皆無で、お隣の縫製工場に遊びに行って、ずっと作業を観察したり落ちた端切れで遊んだり、習字を習いに行ったり、裏の畑や河原、山の小道を散策していた。夕方、山が夕日で赤くなって来ると急に怖くなり、猛ダッシュで帰っていたのを思い出す。町では見ない植物や虫もよく見た。葉っぱの形をした虫には驚いた。不思議な造形の植物を好きなのはその頃から。やはりその時も綺麗なお花や不思議な植物はもぎって持ち帰っていた。いまだに市場で「不思議植物」に出会うと仕入れずにはいられない。


鉢のサボテン

夏は植物たちの成長期。強い日差しや夕立の雨を受けて、ここぞとばかり成長する。

そんな植物の様子を見ると自分も力がみなぎって来る。信じるか信じないかは別にして、「運気を上げる」と言われている植物を手元に置きたくなるのも頷ける。

今、店頭には不思議な植物や夏を彩るお花がたくさん。ぜひ、お散歩がてらに自由が丘まで少し足を延ばしてお越しくださいませ。


そして、お時間がない方、自由が丘まで来られるのが難しい方必見!!

前回のコラムでお知らせした「朝日新聞ASA自由が丘 × flower y’s style “新聞とお花が届くプラン”」がいよいよスタート致します!! 厳選した季節のお花を手軽にご自宅で楽しんでいただけるプランをご用意し、7月には皆様へご案内予定です!

「flower y’s style 流」のコーディネートで四季折々のお花をお届け致します。お楽しみに!


 

デザイナー  岡山佳子 flower y's style

執筆者

flower y's style デザイナー 岡山佳子


flower y's style ロゴ

東京都目黒区自由が丘2-18-13 cham chamビル1F

自由が丘駅 徒歩5分

OPEN:12:00 - 20:00

CLOSE:不定休

TEL:090-2707-4174

MAIL:flowerysstyle@gmail.com



Comments


最新記事