top of page
検索

【連載】flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム Vol.10(2024.1)謹賀新年/お正月明けのお花



奥自由が丘の小さな花屋「flower y's style」がお届けするコラム。

〜 flower y's style こぼれ話とお花ののんびりコラム 〜

折込みチラシ限定でクーポン情報掲載!ご購読者は折込みチラシをチェック!


 

賀新年

みなさま、明けましておめでとうございます。2024年がはじまりました。今年も素敵な良い1年にしていただけるよう、個性的な植物や素敵なお花をご用意してみなさまのご来店をお待ちしています。本年もよろしくお願いいたします。


お花といえば春のイメージ。でも寒い冬にも素敵な花がたくさんある。毎年秋ごろから「冬の花」が出荷され始めるが暖冬の影響で今期は冬のお花の出荷が遅れている。このままでは日本の景色を彩る冬のお花が無くなってしまいそうで心配なところ。


冬といえばシクラメンやクリスマスローズ、シンピジュームなどが店頭を彩るお花で有名。梅やチェッカーベリー、葉ボタンや水仙などお庭を華やかにしてくれるお花も綺麗な時期を迎える。冬は空が暗いぶん、パーッと明るい色のお花でお家の中を明るく飾りたくなる。私の自宅には1年中お花を飾っている。珍しい観葉植物や切り花を必ず飾り、朝は水やりや水替えからはじまる。仕事でも同じ事をしているのに「物好きだな」と思う人もいるかもしれないが、それが私の元気の源のような気がする。


お客様に「ここの植物は元気がいい。生き生きしてるね。」とよく言ってもらえる。花屋としてやるべき事以上の事をしているつもりはないが、うちのお店に来たお花たちは【お客様への嫁入りを待つ大切な子供たち】、いつも「かわいいね。綺麗ね。」と褒めまくっている。それに花たちも応えてくれているのだろう。今年も花に囲まれて幸せな1年がスタートする。私は幸せ者だ。


どうぞ、みなさまの1年もお花と共に素敵な1年になりますように。