top of page
検索

当ASAは「目黒区見守りネットワーク」に加盟しています。「ちょっと気がかり」な時はご連絡ください。

地域の皆さまが、日常生活や仕事の中で、「ちょっと気がかり」なことに気づいたときは、ASA自由が丘までお気軽にご連絡ください。

新聞をご購読でない方でも、ご遠慮なくご連絡ください。


─────────

朝日新聞 ASA自由が丘

​152-0034 東京都目黒区緑が丘2-23-13

[TEL]03-3717-5957(夜間は留守番電話対応)

[営業時間]平日 9:00~20:00 日・祝 9:00~18:00

[メール]contact@asa-jiyugaoka.com

─────────



具合が悪い?倒れているかも…

  • 新聞や郵便物がたまっている

  • 昼間でも雨戸が閉まったままになっている

  • 暗くなっても電気がつかない

  • ここ数日、姿を見かけない

認知症のかたかも…

  • 不自然な服装で歩いている

  • 自宅への帰り道がわからない

虐待かも…

  • 最近、どなり声がよく聞こえる

  • ころんだりしていないのにあざや傷が多い

悪質商法かも…

  • 最近、ふだん見かけない人がよく出入りしている



「見守りめぐねっと」とは

見守る人・見守られる人を特定しない形で、地域の皆さまが、日常の生活や仕事の中で、何らかの支援を必要とするすべての区民のかたの「ちょっと気がかり」なことに気づいたときに地域包括支援センターへご連絡いただくことで、地域で何らかの支援を必要とするすべての区民のかたをゆるやかに見守っていくものです。(目黒区公式ウェブサイト

「見守りめぐねっと」では

見守る人・見守られる人を特定しないで、地域の何らかの支援を必要とするすべての区民のかたをゆるやかに見守ります。見守りを推進するため、協力団体、協力事業者、協力機関などが全区的なネットワークをつくります。協力団体の代表者などの「ネットワーク連絡会」や、協力機関の担当者などの「協力機関連携会議」を開きます。地域では、各地区の包括支援センターが中心となって、顔の見えるネットワークづくりを進めます。ネットワークを活用して、高齢者・子ども・障害者などの孤立防止、認知症のかたとその家族のかたへの支援、高齢者・子ども・障害者など虐待の防止、消費者被害の防止などの課題に、地域全体での取組みを進めていきます。(目黒区公式ウェブサイト

■ASA自由が丘が「目黒区西部包括支援センターだより」で紹介されました。



新聞販売店はお客様のお家へ「毎日」新聞を届けています。最もお客様やお家の変化に気付ける存在であると自負しいます。

ポストに新聞・郵便物がたまっている場合は、西部包括支援センターへ連絡をすることで、地域を見守る企業のひとつとして支援のお手伝いをさせていただいています。

また、新聞購読者に関わらず、普段と様子が違うなど気がかりなお家がある場合は、住民へのお声がけやスタッフ間で情報を共有することで、日々地域を見守っています。


重ねてになりますが、

地域の皆さまが、日常生活や仕事の中で、「ちょっと気がかり」なことに気づいたときは、ASA自由が丘までお気軽にご連絡ください。

新聞をご購読でない方でも、ご遠慮なくご連絡ください。

─────────

朝日新聞 ASA自由が丘

​152-0034 東京都目黒区緑が丘2-23-13

[TEL]03-3717-5957(夜間は留守番電話対応)

[営業時間]平日 9:00~20:00 日・祝 9:00~18:00

[メール]contact@asa-jiyugaoka.com

─────────


目黒区見守りネットワークでは、地域の皆さま一人ひとりがその一員です。

地域は、地域のみんなで見守っていきましょう。

閲覧数:73回

Comments


最新記事

カテゴリー

タグ

重要なお知らせ