top of page

【連載】認知症とともに生きる(1)「認知症フレンドリー」な社会を目指して

更新日:2022年4月22日


朝日新聞社からASAへ過去に提供されたコラム「認知症とともに生きる」を全3回にわたってお届けします。
毎月10日に1回ずつ掲載します。
認知症の人や認知症の人が身近にいるという方ばかりでなく、社会全体で彼らを取り巻く困難に理解を深め、彼らが安心して暮らしていける社会になるよう、本連載がそのきっかけになれば幸いです。
 

認知症とともに生きる(1)「認知症フレンドリー」な社会を目指して


(1)「認知症フレンドリー」な社会を目指して

朝日新聞 東京本社 総合プロデュース室 坂田一裕

 

 朝日新聞社は、グループ全体で「認知症フレンドリープロジェクト」を展開しています。超高齢化が進むなか、認知症になっても本人の尊厳が守られ、住み慣れた街でいままで通り安心して暮らしていける社会づくりを進める活動です。

 2019年6月20日、警察庁からこんな発表がありました。昨年1年間に警察に届け出があった認知症の行方不明者は延べ1万6927人で、前年より1064人多く、統計を取り始めた年以降、6年連続で最多を更新したというのです。

 みなさんは「認知症の人が行方不明になった」と聞くと、「徘徊(はいかい)」という言葉を思い浮かべませんか。徘徊を辞書で調べると、「あてもなくウロウロ歩き回る」という意味になります。まさに、我を忘れて街をさまよい歩くイメージでしょうか。そこには「迷惑な人」「困った人」という印象がつきまといます。